インプラントについて体に影響はないのでしょうか?

インプラントとは、入れ歯とは違い、まるで自分の歯のような感じの人工歯です。 ほとんどのインプラント治療で使用されている材料は、純チタンです。 純チタンであれば、アレルギーなどの影響はまずといってないでしょう。 患者様の不安な事がありましたら、納得のいくまで説明させていただきますので 何度でもご相談下さい。

矯正治療に年齢による制限はありますか? 大人になってからでも大丈夫ですか?

その方の歯や、それぞれを支えるあごの状態に特別な問題がなければ、年齢による 制限はございません。どんな年齢の方でも治療は可能です。

子どもの矯正はいつぐらいからはじめるのが良いでしょうか?

歯が生えそろう頃くらいからはじめるのが良いでしょう。 子どもの時期でしたら、成長過程にあるため、比較的早期に改善され、歯並びや噛 みあわせを整える事でさまざまな症状の予防にもなります。

矯正装置は見た目が気になるのですが・・・

最近では、セラミックのブラケットや透明なブラケットを装着できますので、見た 目も矯正装置がみえくくなっております。

矯正やインプラントの費用はどれくらいかかりますか?

費用については、患者様おひとりおひとりの症状によっても、異なってきますので お気軽にご相談ください。

妊娠中は治療を受けられますか?

流産早産の危険性を考えますと、4ヶ月から8ヶ月の安定した時期に治療を受けられた方が良いかと思われます。念のため治療を受けられる前にかかりつけの産婦人科で治療の有無、麻酔の使用の有無、薬の使用の有無などを確認される事をオススメします。妊娠中の方や妊娠の可能性があるかたは事前にスタッフまでお申し出下さい。

定期的に検診をしたほうがいいですか?

定期的な検診は虫歯や歯周病の予防、または虫歯や歯周病の早期発見、早期治療につながります。 当院では、歯の痛みや違和感がなくても半年に一度、最低でも年に一度の検診をおすすめしております。

金属アレルギーがあるのですが大丈夫ですか?

金属アレルギーの方でも当クリニックを受診していただけます。その場合には金属を使わない治療を行ないますので、事前にスタッフまでご相談ください。

入れ歯が痛いのですが...

入れ歯を長時間使用していると、歯茎に負担がかかります。 このため痛くなることがあります。 そのような場合、入れ歯に接触している粘膜が炎症を起こしていることが多いのです。 珍しいことではなく、入れ歯を長い間使用すると歯茎が痩せてくるために起こる現象です。 放置せずに早めに信頼できる歯科医院で定期検診を受けてください。

歯の噛み合わせと心身の健康は関係がありますか?

大いに関係があります。噛み合わせが悪いと頭痛・肩こりはもちろん、集中力や忍耐力の低下、認知症の進行、果てはいじめや心身症の原因になることもあります。脳と身体と心は一つながりであり、その一連の動きの出発点は噛み合わせにあると考えています。